2017年12月8日金曜日

今日の夕練

本日の南豊ケ丘フィールド練習は
気温も低く、雨になりましたので中止します

2017年11月23日木曜日

6年 市内大会 決勝トーナメント 6B

市内大会6B。

予選リーグ3勝1分で、2位通過となった鶴牧6B。
今日から決勝トーナメントです。

会場は、ホーム宝野公園です。

集合時、前日から降り続いた雨で、グランドコンディションは最悪(T_T)
選手達からも、「ホントにこれでやるの~?」と、ブーイング(T_T)
グランドコンディションは相手も一緒!言い訳にはならないぞ!


準々決勝 VS 鶴牧C


トーナメント初戦の相手は、春の大会優勝チームで、今回も優勝候補筆頭の鶴牧5年トップチームです。
6年トップチームに参加してる選手も多く、選手達から、「鶴Cとだけはやりたくなかった」と、弱気な発言も出る中、「優勝しか考えていないから、俺は早めに鶴Cとできる方が嬉しい。」という超前向きなコメントも^_^

春の大会では予選リーグで対戦し、1-1のドロー。
決勝で闘おう!と約束したものの、6Bはトーナメント初戦敗退でした。
今回、できれば決勝で対戦したかったですが、もうやるしかない!やるんです!

とにかく気持ちだけは絶対に負けないこと。
6年生の意地を見せてくれ!

運命の一戦スタートです。

開始直後、苦しい時間が続きます。
個人技や、細かいパス回しで押し込まれますが、全員守備でゴールを守ります。

特に3バックのユキ・リンタロウ・ハルト、そしてキーパーのリセが大活躍。




ぬかるみだろうが水たまりだろうが、全力でプレーしています!



ペナルティーエリアまで何度も運ばれ、シュートも打たれますが、必死のディフェンスです。

しかし・・・

13分、鶴Cハヤトのコーナーキックにショウマが合わせてシュート!ポストで跳ね返ったボールをキョウスケに詰められて、先制されます。

一瞬、ボールの動きにつられてマークが甘くなってしまいました。


なんとしても前半は0点に押さえたいところでしたが、このまま守り続けても勝てません。
失点後からは、点を取りに行く気持ちが見られます。


すると18分、トモキが長い距離を中央突破し、キーパーと1対1になり、冷静にゴール!同点〜!



大盛り上がりの6年応援団。おそらく、この学年の試合では過去最高の人数です!
選手の保護者はもちろんですが、試合のないAチームのメンバーや、その保護者までも応援に来てくれて、物凄い人数と声援でした!



守備時間が多く先制されるも、前半のうちに追いついたこともあり、ハーフタイムでは皆いい表情をしています^_^

前半3バックで0点に押さえ、後半2バックにして中盤の人数を増やして得点を取りに行く予定でしたが、前半、3バックでなんとか防げていたこともあり、システムは変更なしの3-3-1で後半もスタート。

後半も開始は5年ペース。
ドリブルで抜かれ、細かくパスをつながれ、シュートまで持って行かれますが、前半同様、キーパー含むディフェンス陣が本当に頑張っています。


やはりこの試合にかける意気込みが伝わってきました。

すると後半8分、バックパスを受けたキーパーのリセが、一瞬のスキをつき前線へロングパス。
ボールは一気にトップのナオキとキーパーのちょうど間に。
キーパーも前に出ますが、一瞬速くナオキが先に触わり、キーパーを交わしてゴール!逆転!



優勝が決まったかのような応援団!
まだ試合は終わっていませんよ~(^^;;

その後、5年の猛攻となりますが、なんとか、なんとか踏ん張ります。





ゴール前をフリーにしてしまう場面もありましたが、ミスにも助けられ、後半は0点に押さえ試合終了。

抱き合って喜び合う6年生。



号泣する5年生。


同じチーム同志での対決で、コーチとして複雑な心境になりましたが、6年担当コーチとして、ここは6年生を褒めてあげたいと思います。

やればできる!よく頑張った!

結果 2-1☆


5年生のみんなへ
ドリブルやパス回しなど、マイボールの時は、さすがレベルが高いなと感じました。
それでも、うまいだけでは勝てないということがよくわかったんじゃないかな。
守備の時はもっと気持ちを入れること!
足だけで取りにいったり、抜かれたら追うのをあきらめたりしてる場面が多かったよね。
もっと相手の嫌がるプレーをすること!
それとディフェンスは、裏を取られないことを常に意識することが課題だね。
守備でのポジショニングを修正し、相手の嫌がるプレーができるようになれば、もっともっと上のレベルのチームになれるよ!
まだまだ伸びる所がいっぱいあるので、これからが楽しみです。
期待してるぞ~^_^


準決勝 VS 落合B


「絶対に優勝する!」という約束で始まったこの大会。
鶴Cに勝ったことはあくまでも通過点。喜びは一旦忘れて、気持ちを切り替えて闘おう^_^

この試合はいつもの2-4-1でスタート。

開始1分、イッキのファーストシュートは枠を外しますが、その後もナオヤ・ナオキと立て続けにシュートを打つもキーパーに止められます。


4分、こぼれ球をナオヤがミドルシュート!これが決まり先制します。


10分にはナオヤのFKを相手が弾き、そのボールをイッキが詰めて追加点。


良い内容で前半終了。

後半も手を緩めず追加点を狙います。何度もシュートチャンスを作るも、相手キーパーに防がれます。


後半は、途中出場の選手の活躍が目立ちました。

タクミが左サイドで何度もドリブルを仕掛け、ナイスプレーを見せてくれました。



トウガも、ワントップでしっかり仕事をし、ボールを受けたらとにかくシュートという気持ちが見られました。
ゴールが決まるも、惜しくもオフサイドでノーゴールという場面も(>_<)


後半は惜しい場面の連続でしたが、ゴールならず試合終了。

結果 2-0☆

前半の勢いと、後半の内容だったらもう少し得点が欲しかったかな。
それでも最後までしっかり集中できていたね。
決勝進出おめでとう!


今日のベストゴール
VS 鶴牧C 前半18分 同点ゴール

ユキからのパスを受けたトモキがセンターサークル手前から一人ドリブル突破。
ディフェンス3人を抜き去りキーパーと1対1になり、冷静にゴール!
これぞトモキ!というような迫力あるゴールでした^_^


今日のコーチ賞
全員^_^
フル出場した選手も、出場時間の短かかった選手も、全員気持ちを入れてプレーできていました。素晴らしい〜!


保護者の皆様
過去最大級の応援、本当にありがとうございました。
今まで入賞すらなかったBチームですが、ついにここまできました。
次は決勝です!
6年生最後の市内大会を、最高の形で終わりたいと思います。
決勝戦も大応援を期待してます^_^


そしてそして、今回も久保さんに映像提供していただきました。
いつもありがとうございますm(_ _)m
今回は約7分のダイジェストでお送りします。是非ご覧ください。
↓↓↓↓↓

2017年11月18日土曜日

【6年】秋季大会 選手権

多摩市秋季大会選手権の部

6年生にとっては、小学生最後の多摩市秋季大会
受験勉強のため、スケジュールが合わない可能性がある選手が
2名いるため、4年生から助っ人(ダイキ・シュンペイ)を借り予選に
挑みました。
これまで、リハウスリーグ、全日ブロック予選で僅差の試合が多かったため
選手権に関してはなるべく出場機会が少なかった選手を積極的に起用し
全体のレベルアップに繋げたい所です。


10月8日
5チームリーグによるリーグ戦
上位2以内に入らなければ決勝の舞台には立てません。

VS 落合 2-0 ☆
VS 聖ケ丘 6-1 ☆


11月12日
VS 北貝取 4-0 ☆
VS 永山   4-2 ☆



内容としては、まだまだボールコントロールが雑かな。
ゴール前の決定率ももっと高めよう。



ハットトリックを喜ぶポーズ・・・

シャキーン!!
 
予選一位通過決定!

春は準決勝で負けて3位決定戦に回ることになったのを覚えているかな!?
決勝の舞台に立てるようしっかり準備して挑みましょう!!

保護者の皆様
毎週末、試合が続きますが、大声援をよろしくお願いします。

江夏









             






1年生 多摩市秋季市内大会 11/3(金)

【鶴牧A】トウマ・コウタ・フウト・ミナト・レン・ヒカル・アラタ
〇予選
■VS SEISEKI B ☆2-0(トウマ×2)
■VS 東寺方A ☆3-0(トウマ×3)
■VS 多摩A ★0-1



【鶴牧B】ユウヤ・ソウ・レオ・シゲト・リョウスケ・ホマレ・リョウ
〇予選
■VS 17多摩&二小 △1-1(ホマレ)
■VS トヨニA ☆5-0(ユウヤ・レオ・シゲト・ソウ×2)
■VS SEISEKI A ☆3-0(ホマレ×2・ユウヤ)



【鶴牧C】カンタ・エイタ・ミナト・リュウノスケ・サク・レイト・カズキ
〇予選
■VS 聖ヶ丘A ☆4-0(カンタ×2・エイタ×2)
■VS 落合A ☆3-2(カンタ×2・エイタ)
■VS 北貝取A ☆2-0(カンタ×2)



予選の結果
・鶴牧A:Aブロック2位
・鶴牧B:Cブロック1位
・鶴牧C:Bブロック1位
春季大会では予選突破できなかったチームもありましたが、今回は3チームとも予選突破、決勝T進出!素晴らしい!

【鶴牧A】
〇決勝T
■VS 鶴牧C ☆3-0(トウマ×2・コウタ)
■VS SEISEKI B ★0-0(PK 2-3)
■VS 多摩A ☆6-0(トウマ×5・ミナト)
(ハルカコーチ)決勝Tから更にやる気を出したAチーム。ベンチからも声がでるようになってきて、1人1人が目標を立ててプレーしてて、5分じゃ足りない!もっとやりたい!という選手が多くて、サッカーが大好きなんだなと感じました。みんな楽しく試合をしてくれて、最後に予選で負けた相手に勝って3位になれたのが良かったです。

【鶴牧B】
〇決勝T
■VS SEISEKI B ★0-1
(ワタルコーチ)予選1試合目は久々の試合で緊張したのか皆の動きが固く、前半に先制したが後半に追いつかれ引き分け。2.3試合目は緊張も解れいつもの力が出せて、完勝でいざ決勝Tへ。決勝T1回戦では前半に失点し頑張るも0対1のまま試合終了。勝てば鶴鶴対決でしたが一歩及びませんでした。前回と違い1日で終わる大会だったので気持ちの切り替えが難しかったと思います。しかし、初得点を決めた選手、大会に初出場した選手、負けて悔しかった選手とそれぞれ色々な成長がみられた大会でした。次はどんな成長を見せてくれるのか楽しみです。

【鶴牧C】
〇決勝T
■VS 鶴牧A ★0-3
(ケンゴコーチ)予選全勝で決勝Tへ。1戦目から全員がたくさん動いて声を出して頑張っていました。点を取るとみんなで喜んでチームに勢いが感じられました。予選2試合目では3点取ってから2点取られてしまい動揺が感じられましたが、最後まで頑張って守りきりました。予選3試合目も攻め込まれることが多かったですが、みんなで守り、チャンスでしっかり点を取って勝つことができました。全勝で予選突破が決まったときはみんなガッツポーズでした。決勝Tはいきなり鶴鶴対決。残念ながら敗れてしまいました。負けて悔し泣きする選手もいれば、その場で固まってしまう選手もいて、みんなそれぞれ悔しい思いだったようです。決勝Tで負けた悔しさをバネに更に成長していってもらいたいと思います。

鶴牧Aは3位、鶴牧B、Cはベスト8でした。
本部の運営、会場準備、片付けをしてくださった関根コーチ、江夏コーチ、また選手のサポート、審判のお手伝いをしてくださった根岸コーチ、ハルカコーチ、お忙しい中ありがとうございました。
最後に、保護者の皆様、今回もたくさんの応援ありがとうございました。