2015年6月28日日曜日

ジュニア3年 春季市内大会 3位決定戦@南豊グランド

残念ながら決勝戦には進めなかった鶴牧3年生A & Bチーム。でも3位を賭けて真っ向勝負です。
子供達の中では3位になってトロフィーが貰えるか貰えないかは大きな違い! 例え相手が鶴牧だろうとて気は緩めません。またこんなに素晴らしいグランドで試合ができることにも少し興奮模様です。隣で行われている優勝決勝戦の盛り上がりにも負けないようがんばろー!
 
 
ということで、始まりました恒例!?の市内大会ツルツル3位決戦。
とにかくコーチらはツルツル対戦であっても気持ちを盛り上げて絶対にお互い負けない気持ちを持つよう前日から話をしていました。
実際試合開始後も両チームともいいプレーが沢山見られました。特にディフェンスにおいては皆戻りが早く、相手に隙を見せないプレーが多かった様に見られました。そのせいもあり、前半はABとも一歩も譲らず0-0で終了。
 
 
 
後半も引き続きいいプレーが見られます。そんな中フリーキックのチャンスを得たAチーム。ゴールまで程よい距離の中、しょうまがゴールを狙います。ボールは大きく蹴られ、ゴールまで届きキーパーのこうたろう正面に!しかし、しょうまのシュートの強さに弾かれそのままゴールへ。Aチーム先制点です。均衡が破られました!
 



 
その後Bチームも反撃にでます。といちのフリーキックからのシュートも惜しかった!
互いにチャレンジしてチャンスを伺ってる中今度はサイドから出されたボールをしゅうが上手く合わせてシュート!
キーパーの股を抜け2点目!
Bチームも最後まで点を取りに行きますが、そのままAチームが2点を守りゲーム終了となりました。
 
Aチーム3位おめでとう!よく頑張りました。Bチームも立派に戦いましたね。多摩市内で16チームの中ベスト8に4チーム入れたことはとても喜ばしいですが、秋の大会では今度こそ決勝戦にいくぞー!
 
 
当日は本当に暑い中保護者の方々には沢山の応援を頂き有難うございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
 
 
= 松成=

ジュニア2年 練習試合 vs FC.GIUSTI Jr@大松台小学校

2015年6月28日(日) 大松台小学校

ジュニア2年生は、FC.GIUSTI Jrさんにお越しいただき練習試合をさせていただきました。

梅雨の晴れ間のムシムシと暑いコンディションですが、ここはホーム大松台!たくさん駆けつけてくれた応援団に良いところ見せようと頑張りました!
今日も相変わらずのピンチソーンとお助けマンを確認し、相手ボールになった時の切り替えをむっちゃガンバルを約束事にして試合スタート。




試合が始まるとやはり名門チーム!鶴っ子とは違い、広いサッカーでしかも止める蹴るがとっても上手!
だがしかーしっ!!さすがは我らの鶴っ子軍団、全く動じることなく得意の団子サッカーでひたすら走りどこまでも追っかけて行きます。
さらに、2試合目からはパスを出される前に取りに行っちゃう作戦を説明!素直すぎる子供たちの前からガンガンディフェンス行く姿は素晴らしかった。が、暑さもあって徐々に失速…。そりゃそうだよねとちょっとコーチも反省(-_-;



最近になって数名の子から試合中に声ができるようになってきました。
チームとして強くなるためにはとても必要なことです。気付いた子が仲間に教えてあげ、そしてチームで頑張る!なんかいい感じだね~





ボールを運べる子やしつこく追っかけられる子、しっかり首を振れる子などなど少しずつですが子供たちの個性も出てきたように感じます。
これからの成長がまたまた楽しみになる貴重な一日となりました。


本日も沢山の方に応援へ駆け付けていただき、毎度のことながらありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。



【結果】VS FC.GIUSTI Jr 3-9 ★(15分×4本×2チーム)


関根コーチ


[ジュニアユース]三多摩リーグ

#最近、ジュニアユースの投稿をさぼっていてスミマセンm_ _m


今年度より加盟した三多摩リーグをU15、U14それぞれで戦いました。
中体連の大会を早々に敗退してしまい、選手・コーチとも意気消沈してましたが、
3年生は締めくくりとなる、7月の市内大会に向けて良い準備となりました。

試合序盤は、試験休みのブランクでボールが足についていないところもありましたが、
徐々にペースをつかみ前半20分にイオリが先制ゴール。
前半、ソウタ・イオリが追加点を奪い、3-0で後半戦へ。

新キャプテンのハルも落ち着いたプレーを見せます。

後半、ナギ・シュウゴがダメ押しゴールを決めて、5-1で勝利をつかみました。

U14新チームもベストメンバーで挑みます。

前半シンノがゴールを決めて先制。GKと1対1になるシーンが4、5回ありましたが、
決めきれずに1-0で前半終了。

後半、徐々に相手ペースとなり、立て続けに失点。
1-2のまま残り1分切ったところでベンチから、「1点取り返せ!」と叱咤。
終了間際アディショナルタイムに右サイド→中央→左サイドとボールをつなぎ、
ユウトが起死回生の同点ゴール!
前半の決定機に決めきれなかった課題が残りましたが、
最後に追いついたのは選手たちのあきらめない気持ちの表れだと思います。

暑い中、たくさんの保護者に応援いただき、ありがとうございました。
市内大会、三多摩リーグ、合宿遠征、と熱い夏にしていきたいですね。

最後に、本日のベストショットです。

==まかたけ

2015年6月27日土曜日

【女子】練習試合 vs.南大沢FC, 欅SC

南大沢さんにお声掛け頂き、6/27()の午後に欅さんと3チームによるニーニャスフェスティバル大会に向けた練習試合の機会を頂きました。
ニーニャスフェスティバル大会とは3年生以下の6人制の少女の大会で、東京都のエリアAからFにて予選を行い、エリアの推薦を受けた16チームが4グループ4チームに分かれてリーグ形式でゲームを行うものです。予選は48チーム (449) によって行われ、鶴牧はエリアEに入っており多摩、八王子、日野、町田,稲城の10チームと予選を戦います。予選は7/5から8/30までに行われ、結果によって9/21に開催予定のニーニャスフェスティバル大会へ出場となります。予選抽選会は7/4()に行われ日程が決まりますが、会場は多摩市、もしくは近隣となりますので決まり次第ご連絡致します。

今回の練習試合は1年生は なつきゆいかこころあやねうらら5名、2年生は ゆうか1名、3年生は あおい”, “かなこ2名の総勢8名でした。3年生のともみはお休みでしたが、予選はメンバー9名で挑みます!


【第1試合】  南大沢さん  5 – 3   (10 – 5 – 10)

前半はセンターサークルに集まったフィールドプレーヤー5 (あおい、かなこ、なつき、ゆうか、ゆいか)と一年生ながら初っ端のゲームからキーパーを志願したこころ6名でキックオフ! 
 

ここから前半だけで怒涛の5ゴ~~~ルで失点ゼロ! 
あおいがドリブルで切り裂き、ゴールも足の色々なところでコースを狙うシュート、強いシュートと使い分けていました。あおいのプレーに驚きの声が。幸先の良いスタートです! 

 
後半はまたまた1年生ながらキーパーを志願したゆいか、前半キーパーだったこころ”, 前半ベンチだった1年生のあやねうらら6人中4名が1年生。。。 3年生 かなこあおいの頑張りもあって3失点で堪えてなんとか53で勝利!失点を重ねても3年生2人が声をかけ合っていましたね !  1年生の4人も怖がらずに果敢にボールを追いかけていました! ベンチのなつきゆうかも出場したい気持ちを抑えて応援してくれていました! 全員でがんばりました! (^_^)v
 
【第2試合】  欅さん  0 – 2 (10 – 5 – 10)
 キーパーは順番と話していたので、前半はあおいが守護神を買って出てくれました! かなこが再三のピンチに体を張り、あおいのスーパーセーブもありましたが前半に2失点…。
後半は1試合目に続いてこころがキーパーを志願!積極的にゲーム参加する姿勢が見られました!なつきゆうかの惜しいシュートがありましたが、欅の選手の頑張りでゴールを奪えずに試合終了…。第1試合は 攻撃であおい、守備ではかなこがチームを引っ張っていましたが、第2試合からは ゆうかなつきがゲームに慣れたのかボールに触れる機会が激増し得点まであと一歩!
 
 
3試合】 南大沢さん  2 – 3 (だったかな…、すみません違っていたら)  (10)
【第4試合】 欅さん  1 – 2 (だったかな…、すみません違っていたら)  (10)
 第2試合と第3試合の間にお腹が空いたので軽食タイム!食後は校庭で元気にお遊び。。。

 
ここで1年生3人は体力を使い切ってしまったようで、第3試合開始前にベンチに座り観戦モード…。試合前のピッチ脇での整列で「一人足りないよ!」って声掛けしても意志は堅かったです。()  あやね6人目でピッチに出てくれて試合開始!(^ ^ ;
3試合も第4試合も強豪の南大沢さんと欅さん相手に善戦しましたが、あと一歩及ばず…。しかし、2年生の ゆうかハーフラインからドリブルを開始!そのままゴール付近まで迫り、見事なゴ~~~ル!
 
 
ドリブルでひとり、ふたりと抜き去る姿に見入っていたため、肝心なシュート場面、シャッターチャンスを逃しました…。ゆうかはキッチリ決めたのに…。m(_ _)m  素晴らしいドリブル、それとシュートでした! 公式戦でも同じようなシーンを期待しています。今度はバッチリ、シャッター押します。
南大沢さん、欅さんに胸を貸して頂き、選手たちは予選に向けて大変貴重な経験をさせて頂きました。試合を重ね、個人でもより頑張り、チームとして連携を選手同士で取るなど物凄いスピードで上達したことも大きな発見でした。7月からエリアEの強豪相手と予選が始まりますが、とても楽しみなチームです。
応援に駆け付け温かい声援を送ってくださった保護者の皆様、スタッフ不足のためにご協力頂きました“細谷コーチ”, “ここちゃんパパ (小野澤さん)”, ありがとうございました。予選も是非、宜しくお願い致します!
最後になりますが、練習試合にお声掛け頂いた南大沢FCの皆様、誠にありがとうございます。また、欅SCの皆様には直前の試合時間変更に快諾頂き感謝しております。両チームともレベルが高く、またフェアプレーで素晴らしい試合をして頂き選手ともども大変貴重な経験をさせて頂きました。今後とも宜しく願い致します。
 
=== 根岸 ===

2015年6月26日金曜日

本日の2〜1年夕練

本日の2年、1年の夕練は雨のため中止します。
6年〜3年の夕練は通常通りです。
着替えを準備して参加下さい。

よろしくお願いします。

2015年6月20日土曜日

ジュニア5年 多摩ワールドジュニアサッカーフェスティバル予選

 春季市大会の6Dメンバーを中心としたジュニア5年生は、八王子市立七国小学校で行われた多摩ワールドジュニアサッカーフェスティバルの予選に挑んできました。移動は電車(乗り継ぎあり)とバス、全員会場に集合時間前に集合していました。もう公共の交通機関での移動に慣れてきたかな。

○1試合目 vs みなみ野SC-1(八王子市)
 今年3月にこの学年のトップチームがベスト8で苦杯を嘗めた青梅招待で、同じくベスト8に残った強豪チーム、しかも会場はホームです。


 完全アウェーの中試合は始まりますが、果たして鶴っ子達は会場の雰囲気に呑まれたのか、はたまたコーチ達の戦前の懸念通りまだ起きてないのか(キックオフは11:45ですけど…)、完全に相手に主導権を渡してしまいます。


 完全なリアクションサッカー、ボールが来たら動く、相手が攻めたら追いかける、自分のマークすら特定できず、終いには自分の役割放棄状態で「サボる」、シュートコースをここに打ってくださいと言わんばかりに空ける始末。


 おいおいおい…、これでは試合になるはずもなく大量12失点、惨敗でのスタートになってしまいました。

(結果:0-12★)

○2試合目 vs ひばりSC(東久留米市)
 1試合目の後の反省会には重苦しい雰囲気が漂っていましたが、選手達の気持ちの切り替えは素早く(プレーの切り替えもそう願いたい…)仲間と仲良くお弁当を食べながらコミュニケーションを取っています。試合前にはまず闘おう、と、そして自分のマーク(持ち場)相手の番号を叫ぼう、と約束事を入れてピッチに選手を送り出します。


 そしてコーチ全員試合前の円陣の声に驚かされます。明らからに気持ちの入った、叫びにも似た大きな声、いったい何が起きたのかと状況が理解できないまま試合開始のホイッスルがピッチに鳴り響きます。するとマッチャンが猛然と相手のボールホルダーに対してプレッシャーをかけます、キッペイが試合中に何度となく自分のマークする選手の背番号を叫ぶ声が聞こえます。ディフェンスライン中央からニッシーが味方に指示を与え続ける声が聞こえます。どうした、どうした…、どうしたんだ鶴っ子。


 トップ下・期待のヨシトがさながら中盤の猛犬と化し、周りの選手と連動してボールを奪います。はい、鶴っ子主導権を握っていました。すると試合中に息の合ってきたヨシトとトップのマッチャン、ここのホットラインから先制点!マッチャン吠える。


 後半には左サイドDFハルトから同サイドMFのキッペイにいい形でパスが通り、キッペイが持ち前のドリブルでサイドを突破、相手DFのプレスを掻い潜ってえぐる、そしてグラウンダーのクロス、ニアにマッチャン飛び込む、しかし潰れる、こぼれたボールはファーサイドに猛然と詰めていたカナメに!「ごっつあんです!」いい形で追加点を上げます!


 ニッシーを中心としてDFラインは全員が体を張り、ボールとゴールの間にきっちりと体を寄せ、一人抜かれればサボることなくカバー、そりゃぁ少しはヒヤヒヤの場面もありましたが、しっかりとゼロで試合を締めます。
(結果:2-0☆、得点者:マッチャン、カナメ)

○3試合目 vs 横川MYFC(八王子市)
 前の試合で素晴らしい修正をしてみせた鶴っ子、この試合も円陣の段階からアクセル全開、チームのいい雰囲気を持続させています。

 この試合でもトップ下に入ったヨシトが増々磨きをかけたマッチャンとの連携で試合開始早々から何度となく決定機を作り出します。練習の成果か右足アウトサイドのスルーパスまで飛び出します。レシーバーのマッチャン、触ればいいだけのボールを見事に宇宙開発シュートしたりと、今日も自転車で会場に応援に来ていたお父さんが天を仰ぎ続けます…、が何度目かの絶好機をきっちりと決めます。

 この試合でもニッシーを中心としたDFラインは粘り強さを見せてくれます。5年生になってからDFをやるようになってきたカイト、必死に食らいつきます。逆サイドのケアもサボりません、リョウタロウは得意のスピードとキック力を生かして縦・横に素晴らしい展開を見せてくれます。

 GKイッチャン、この試合でも来るボールはほぼ正面、ゴールに鍵をかけます。足で止めそこなったボールを横っ飛びでキャッチ、魅せるのも忘れません。

 後半も勢いは持続し、キッペイがえぐったサイドからのボールをまたマッチャンが、ヨシトが、カナメが拾って中に戻して、もう一度ヨシトが左足で!外す…。写真部のお父さんがカメラ放棄で仰ぐ…。決定力はなかったけど、ナイスチャレンジ、自分達の流れをそのままにします。

 相手も1点差ということで後半ラスト5分は圧力をかけてきますが、ハルトとカイトが担当サイドで、中央ではニッシーとヨシトが、シュートは打たれてもイッチャンが「正面で」ボールをキャッチ。
1点差を守り切り、勝利!
(結果:1-0☆、得点者:マッチャン)

 結果は勝ち点6で予選2位、予選敗退が決まってしまいました…。が、選手達は自分達で流れを変え、そして失点ゼロで勝ち点6をもぎ取ったのは大きな経験になったと思いますし、何よりも自信という今後に繋がる財産ができたと思います。今日の失敗体験と成功体験を糧に、そして力にして次は結果も得てみよう!

 本日も引率を含め変わらぬご父兄の皆様のサポートと応援ありがとうございました。

(※どなたか、vs横川MYFCの写真、提供いただけませんか?)

== 稲本

2015年6月18日木曜日

2015年6月14日日曜日

ジュニアトップ U12リーグ (前期)

6月14日
U-12リーグ 前期最終節
会場:緑山グランド
vsブルファイト

勝てば上位リーグ進出、負ければ下位リーグと大一番の戦いです。
アップ前に選手達には、自分たちの現状の立ち位置と3連敗の原因を確認!!
今日は相手に対し、『臆さずチャレンジし、自分たちの力を出し切ろう』と話し送り出します。
開始直後、ユウセイが相手ボールを奪い積極的にドリブルで仕掛けチームに勢いをもたらせます。
2分、左サイドからのFK。
タクがファーサイドに蹴ったボールをユウキが左足のインステップで綺麗に合わせ先制点を奪います。
その勢いのまま1分後、ユウセイが相手選手のバックパスを奪い、前に出てきたキーパーを落ち着いてかわしゴールに流し込みます。

 主導権を握り、ここで得点をかさねたいところでしたが、直後、裏に蹴られたボールの処理を誤り失点・・・
今日は荒れた試合になるかな!?と思いましたが、それ以降は互いに決定機を作り出せず前半終了。
ハーフタイムに中盤のバランスの取り方、カウンターの対処を確認し後半へ!

相手も得点を奪いに前がかりに出てきますが、中盤の底に入ったリクトとDFラインが落ち着いて対応しチャンスを与えません。
ただ、鶴牧も前線にボールが収まらないため、良い形での攻撃が作れないまま時間が過ぎます。
5分、ジュンヤを投入し得点を奪いに出ます。
後半8分、右サイドでボールを収めると左サイドバックのダイトが積極的なオーバーラップを見せるなど、徐々にいい形の攻撃が出てきます。

その後も前線でしっかりボールが収まれば2人、3人が絡む攻撃が見られましたが得点は奪えず試合終了。

vsブルファイト2ー1 ☆

前期リーグ 【4位】で終えました。
7月からの後期リーグは上位リーグでの戦いとなります。
本日も遠方ながら、多くの声援、ご協力ありがとうございました。
試合続きの夏になりますが、ご協力の程よろしくお願いします。

ENATSU

ジュニア3年 春季市内大会 決勝トーナメント@和田公園

朝まで降っていた雨もすっかり上がり、午後から3年生の春季市内大会の決勝Tが開催されました。
鶴牧からは4チームが大会にエントリーし、そして4チーム全てが決勝Tに進出していました。
でも、一回戦はそれぞれ鶴鶴対決に。。。
勝者はベスト4へ!敗者はベスト8で終了となります。


まずは鶴牧Bと鶴牧Cの対戦です!

 
<準々決勝・Bチーム vs 鶴牧C (2-0) ☆ まさや2 > 

4チーム決勝トーナメントへ進出となった3年生。1試合目はいきなり鶴鶴対決!!
でも普段の練習での試合とは子供達の気合が違います。「絶対勝つ!!」そういう声が沢山聞こえました。
Bチーム、Cチーム両方がんばれ~。
試合に入るとみんな周りの状況もよく見えていて練習の効果がでています。ただ緊張からか声があまり出ておらず、両チームともちょっと元気がありません。
そんな中最近絶好調のまさやが得意のおれだ!おれだ!ドリブルでゴールに詰め寄りそのままシュート。Bチームが先制し前半を終了。
後半はCチームが反撃に出てきます。ゴール前にいくどとなく運ばれ危うい場面がありましたが、といちのディフェンスに助けられなんとかセーフ!そうしてる中、後半 中盤にはまたもやまさやが2人ほどかわして鮮やかなシュート、Bチームが2点目をもぎ取ります。

 
そのまま拮抗した戦いが続きましたが、勝利の女神はBチームへ。Cチームもよくがんばりましたが涙の敗退。あとはBチームの応援部隊としてよろしく!
Bチームは準決勝進出、相手は先に準決勝を決めた聖蹟Aさんです。
さて準決勝はBチームはどのような戦いをしてくれるのでしょうか??
後に続く。。
 
松成

<準々決勝・Cチーム vs 鶴牧B (0-2) ★ >
 
負ければ終わりのトーナメント。
選手たちは、どうすれば得点出来るのか、失点されないのか、意見を出し合い、チーム一丸となって試合に臨みました。
序盤は緊張のせいか、いつものように声が出ておらず、動きも硬く、攻め込まれるシーンが目立ちました。
そんな中、寄せの甘さから攻め込まれ、サイドからクロスが上がり、失点されてしまいました。
ほとんど攻めることが出来ず、いつもの力を発揮出来ないまま、前半が終了。
ハーフタイムになり、うつむきながらベンチに戻ってきました。前後半キーパーをする予定だったユウスケが「俺が攻める!必ず一点返す!」この力強い一言で、皆の目の色が変わりました。修正点について皆で話し合い、後半に入りました。
皆の気持ちがプレーに現れて来ました。スペースを狙った攻撃、ボールを奪われても、すぐに戻って、プレスし、ボールを奪い返す。
そして、何度も相手ゴールを脅かすシーンが増えて来ました。
この調子なら一点返せると思っていましたが、相手選手に隙を突かれて、追加点が入ってしまいました。
しかしながら、選手たちは、下を向くことはなく、更に相手ゴールに迫りました。
最後まで諦めず、一生懸命頑張りましたが、一歩及ばず、負けてしまいました。
 
 
Bチーム、後は任せたぞ!
俺たちの分も頑張ってくれー!
試合後、選手たちからは、このような声が…
「まだまだ走れた」「ボールに寄るのが遅かった」「力を出しきれなかった」
一つ一つの練習をしっかりや らないと、本番の試合で力を出せないんだよってことで、この悔しい気持ちをバネに練習頑張ろうと、皆で誓いました。
 
相原

そして、続いては鶴牧Aと鶴牧D!
 
 

<準々決勝・Aチーム vs 鶴牧D (3-0) ☆ しょうま2、オウンゴール1 >
 
準々決勝は、つるつる対決で始まりました。
予選リーグでは、良く動き声も出てていた選手達でしたが、準々決勝では、一人の選手に任せっきりだったり、フォローにはいらなかったりと誰かに任せっきりな時間が目立ちました。

 
練習でもやっている、味方の動き、相手の動きを見る、視野が狭かったのも感じました。
そんな中でも、誰よりも早く戻り相手に体をよせボールを奪い攻め込む良いプレーも見る事が出来ました。
 
石本

<準々決勝・Dチーム vs 鶴牧A (0-3) ★ >
 
対戦相手はスピードのある選手が多いAチーム。
試合前に「相手をスピードに乗せない」「ボール持った選手への寄せを早く」「守備は一人に任せない」
と最近の練習でも意識していることを再確認し、いざ試合へ!
試合開始から、全員がとても良く集中していて、相手選手への寄せも早く簡単にプレーをさせません。
攻撃面でも積極的に仕掛けが出来ていました!
 
 
しかし、少しの寄せの遅れ、空いたスペースなど、隙を突かれジワジワと3失点。
それでも諦めずに、最後までとても良い試合を見せてくれました!
残念ながら負けてはしまいましたが、気持ちをAチームに託し、準決勝は応援へ!
 
山本
 

 
接戦の末つるつる対決を制したAチームとBチームが準決勝に進み、夢のつるつる決勝に向けて気 合いが入ります。さぁ、頑張るぞ〜!!
 
<準決勝・Bチーム vs Seiseki A (0-2) ★ >

 
開始早々左右のサイドからスピードあるドリブル突破をしかけます。中央でもひょうがセンスあるボールキープでいけるかも!と期待が膨らみます!
しかし途中からトーンダウン。。。広いスペースでボールを呼ぶ選手がいなくなり、ダンゴ状態に。前半は拮抗したままスコアレス。
後半は気を取り直してチャレンジだ!シュート打たないと点入らないからね。しっかりゴールまで運びたい。という期待と裏腹に、防戦一方に。。。
不思議と足が止まり、ボールしか見えなくなり後手後手になってきました。結果、足元への寄せも遅れ簡単にシュートを打たせて、なんと2失点。。。残念ながらそのまま終了。
選手はみんな一生懸命走っていたけど、やっぱりボールへの寄せをし続けるって大事だね 。早く気付く、早く判断する、早く動くを意識していきたいです。コーチもここは大反省です。
気持ち切り替えて3決がんばろう!

 
 
<準決勝•Aチーム vs 多摩A (2-5) ★  きょうすけ2>

 
つるつる決勝の夢はついえましたが、鶴牧を代表してがんばろう!
しかし試合前から負傷者が出た!GKグローブない!と、ちょっとバタバタしたままキックオフ。
準々決勝のつるつる対決はとてもいい試合で、意識も高く良いプレーがいっぱい出てたので、その調子でいきたいところ。
ところが、ボールを運んでもすぐ相手に引っかかるので、だんだんダンゴ状態に。。。なんだかBチームのデジャブ感が。
ペナ上あたりで相手選手に寄せきれないシーンが目立つようになり、キーパーの手が届かない上の方へループシュートを連発され、前半だけでアレヨアレヨの4失点。。。
鶴牧大応援団もまさかの展開に沈黙。。。
やはりボールへの寄せが遅れるとシュート打たれるレベルにな ってきていますね。
後半15分で逆転するべく気持ちをひとつに円陣で気合を入れます!
少しずつボールへの寄せが早くなり、連続して仕掛けられるようになってきました。そして流れの中できょうすけが突破し、待望のゴーーーーール!!
会場の大応援団も大盛り上がり!よし、追いつこう!
相手も早く丁寧なボールコントロールでシュートまで持ってきますが、しょうまがファインセーブを連発。さらにボルテージが高まります。

 
その後一進一退を繰り返し、一点ずつゴールを決め、残念ながら準決勝敗退。決勝進出はなりませんでした。
 
 
 
結果  両チーム三位決定戦へ!
なかなか勝ちきれない鶴牧キッズですが、全チームベスト8。2チームベスト4まで進んだことは自信を持ってほしいです。
着実に個人個人の力はついてきてるので、さらに磨いていこう。とくにボールコントロールね!
そしてどんなに上手でも一人の力では打開できないレベルになってきているのを、子供たちも肌で感じたと思います。
秋の大会に向けて、チームでプレーすること、仲間と気持ちをひとつにして、自分たちでチームを盛り上げることを強く意識していこう!
狙いをもったプレーをした上で勝ちグセをつけたいね!
みんなに負けないようにコーチたちも頑張るぞ^_^!
最後に大会通じて全力で応援•協力してくださったご家族のみなさま、学年 係さん、コーチのみなさん本当にありがとうございました。
結果は結果ですが、一生懸命練習して試合に臨み、取り組んだことについては、ぜひ褒めてあげてください。
くどいですが、三位決定戦も真剣勝負ですよ^_^!
 
===
ほそけん